• shop-img
公式

πセン

パイセン 関東地方> 東京都> 大森
★大森蒲田エリアNo1ハイクオリティセクキャバ★◆大森PAISEN◆ 当店ぱいせんは、 大森唯一のエッチなお店です(*´д`*)エクスタスィー都内各所に人気店を抱える大手グループのセクキャバが大森に初上陸!!大手グループ人気店だから実現できる『最高のクオリティ』&『最高の時間』当店は年中無休で毎日★清楚系淫乱娘★★ギャル系スレンダー…

★大森蒲田エリアNo1ハイクオリティセクキャバ★
大森PAISEN
 
当店ぱいせんは、
 大森唯一のエッチなお店です(*´д`*)エクスタスィー

都内各所に人気店を抱える
大手グループのセクキャバが大森に初上陸!!
大手グループ人気店だから実現できる

最高のクオリティ
最高の時間

当店は年中無休で毎日
清楚系淫乱娘
ギャル系スレンダーガール
SSSクラスのアイドル系現役女子大生
欲求不満の変態人妻
などなど都内でも
トップクラスのセクシーガールたち
を各種取り揃えて営業しております(`・ω・´)

現在,新人さん続々入店中!!!!

最高にHOTな夜を
大森で1番エッチなお店
過ごしてみてはいかがでしょうか? 



新店OPEN準備につきキャストさん大募集中!!! 
競合他店のない大森唯一のセクキャバなので
集客力と待遇に"絶対の自信"があります!!!! 
大手グループ運営のお店だから安心の好待遇!!

サラリーマンのお客様がメインの街だから
客層も安心で働きやすさも絶対保証

↓↓↓↓お給料↓↓↓↓
体入時給7,000円以上 
各種高額バック
高額ボトルバック
1日30,000円~50,000円以上必ず稼がせます!!
経験者はさらに超優遇!!!

本入店していただいた方には、
30000円の祝い金も進呈中!!!

  体入は365日okですよヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
ぜひ他店と比べてみてください^^

詳しくは【求人ページ】をCHECKしてくださいね♪

SHOP BLOGお店ブログ

容姿だけではない簡単なコツ

セクキャバとは「セクシーキャバクラ」の略で、ヘルスなどの風俗店とキャバクラなどの飲み屋さんとのちょうど中間ぐらいのサービスに当たります。

お仕事内容はお店により多少の差はありますが、原則的にキスと胸舐めはどのお店でもありと考えて下さい。

セクキャバに限らず、風俗系のお仕事における面接の合否基準の一つには「容姿」があります。

確かに容姿は大事な採用基準ではありますが、採用基準は容姿だけではないのも事実です。

そして、面接採用基準は業種やお店ごとのコンセプトにより、まさに千差万別です。

セクキャバの面接・5大採用基準

セクキャバはもちろんのこと、お店というのはそれぞれ異なるコンセプトだったりカラーがあります。

つまりはお店により採用基準は様々です。

容姿

まずは、ズバリ「容姿」「ルックス」。平たく言えば「顔」です。

初対面の人間同士、まずどこを見るかといえばそれはもうほぼ顔ですよね。

単純にかわいいか否かというのが、セクキャバ含め風俗業界では面接の採用基準の一つになっています。

それプラス、お店のコンセプト・カラー・年齢層に合っているかどうかというのも大切なポイントになってきます。

基本コンセプトが清楚系の女性のお店に、派手系のかわいい女性が面接に行ったとして、それはそれでもちろん歓迎されるのですが、歓迎度は清楚系のお店さんの方が上回ります。

逆も、もちろんしかりです。

プラス年齢層も大事です。

お姉さん・若妻系のコンセプトのお店に、ロリ系の女性が面接に行ったとしても、ロリ系のお店に比べると歓迎度は…。

お店のコンセプトはホームページから大まかに想像はつきますので、募集を考えている女性は事前チェックをオススメします!

スタイル

顔の次はスタイルです。視線がだんだん下にさがってきますね(笑)

しかし、セクハラではありません。

スタイルも大事な要素なのです。

ここで覚えておいて頂きたいのですが、面接は基本的には採用するという方向性で進められるものです。

面接官により細かくは異なりますが、面接は基本的には加点方式で行われます。

そう。全ての要素が合格点でなくてもいいということです。

というか、そんな完璧な女性はあまりいません。

仮に、容姿が少しだけ採用基準に満たないとしても、胸が大きい・スタイルがいい。

逆に、胸が小さい・スタイルが少しよくないとしても、容姿がかわいい。

この2つのパターンはどちらも採用の可能性が大です。

人は誰でも何かしらの長所を持っているのです。

容姿・スタイル以外にもその長所が一つ二つと見えてくれば、面接官は前向きに採用を考えるものです。

今まで生きてきて他人に褒められた所はどこでしょうか?

ぜひ、思い出してみてください。

愛嬌

セクキャバは接客業です。

キスなどのプレイもありますが、話す時間は風俗よりも基本的には長いです。

なので、愛嬌は風俗よりも求められてくる場合が多いです。

愛嬌とは何でしょうか?

いろいろな要素がありますが、一番大きい要素はズバリ笑顔です。

面接官と対面してまず最初に笑顔!これだけで、採用の可能性はかなり上がります。

逆に笑顔が出せずに真顔の女性は…。

お客様にもこんな感じで接してしまうのだろうか…?

と捉えられてしまい、採用の可能性は大きく下がります。

せっかく時間とお金をかけて面接に来たのに不採用ではもったいないですよね。

貴女の笑顔は、目の前で話している人の笑顔を生みます。

そして、笑顔でいると自然と気持ちも軽くなってきます。

結果として稼げるようになってきます。

愛嬌・笑顔は、ある意味「容姿」「スタイル」といった外見的な要素をも超える魅力だとも言えます。

女性からしても、たとえイケメンでもずっと真顔の男性よりかは、少しぐらい容姿が…でも笑顔が素敵な男性の方が一緒にいて楽しいものだと思います。

簡単な事ですよね。

出勤頻度(=やる気)

どんなに魅力的な女性でも、実際にお店に出勤してくれなければ1円もお金は生み出してくれません。

出勤頻度が多く、真面目にお仕事してくれる女性がどれほどありがたいことか…。

どのお店さんも思っていることです。

仮に、万が一、上記3つの基準を今ひとつ満たしきれていない女性でも週6など高頻度での出勤が可能など、高いやる気・モチベーションをアピールできれば採用となる確率は高いです。

逆に上記3つの基準を満たしている女性でも、出勤頻度が極端に低いと採用が難しくなってしまう可能性もあるかと思います。

各お店さんがどのぐらいの出勤を求めてるかというのは、お店さんにより基準が異なりますのでご自身で確認して頂ければと思います。

時期によっても基準は異なってきますので、出勤頻度というのは何気に深い要素だったりします。

エロさ

セクキャバにおける最も重要なサービスは、ズバリ!キスです。

キスが好きで、自然と濃厚なキスが出来るか・もしくは仕事として事務的な空気を出さずに積極的に濃厚なキスが出来るか…。

これが出来る女性は、セクキャバにおいてはどんどん稼げるようになります。

堅苦しい言葉で表現すると、お客様に積極的に奉仕する精神があるか。

接客業における最も大事な要素ですね。

セクキャバにおいては、それがエロさということです。

エロい子というのはキス以外のサービスもどんどん積極的にやってくれるものなので、お店さんは、そんなエロい女性というのを必ず求めています。

男性がして欲しいと思う甘え方

今回は男性がして欲しいと思う甘え方をご紹介していきたいとおもいます♪

甘え方その1

・「もっと〇〇して?」の甘え言葉

ポイントは謙虚にちょっと甘い声で囁いてみましょう♪

「もっと一緒にいて」などたくさんのキーワードがあるのでお試しあれ☆

甘え方その2

・服をギュッと掴んでみる

「お願いがあるんだけど・・・」みたいな感じでちょっと恥じらいながら言って見るとベスト♪

ケンカの後の「ごめんね」もこんな可愛い仕草だったらすぐに仲直りできるかも?!(笑)

甘え方その3

・腕を組む

やはりスキンシップに弱いのが男性です♪

いきなり腕を組まれたらドキドキしてしまうこと間違いなし!!(笑)

甘え方その4

・「あとちょっとだけいて」

やはり男性はこういった言葉には弱いみたいです♪(笑)

もしかしたら延長にも繋がるかも☆(笑)

★まとめ★

弱い部分をどんどん責めて男性を虜にしていきましょう♪

男性が喜ぶ仕草

●笑顔で首を傾ける。
・トーク中にふとしたこのしぐさに萌える、とのこと。
笑顔は無敵!いつでも笑顔を忘れずに、ですね。

●手先のしぐさに注目。
・コップを持つ時の手や、大きすぎずかわいらしい手のしぐさが好き、とのこと。
もちろん、手の清潔さも大切です。
手先までも見ているとは驚きですね。
細かいところにも気を配らないいけませんね。

夜の世界を経験して変わる4つのこと

夜の仕事に就いて変わる4つのこととは
水商売に就いた時の精神的な変化とはどのようなものでしょうか。以下のように4つに分けてお話したいと思います。

①金銭的な感覚が変わる
②周囲の女性の魅力に刺激を受けて美意識が上がる
③生活リズムが変わる
④男性を見る目が変わる

それでは、実際に見て行きましょう。

①金銭的な感覚が変わる
夜の世界に身を投じていれば、お昼の仕事よりも簡単にお金を稼ぐことが出来ます。たとえば、新卒の場合の時給は大体1,000円ちょっとぐらい。

しかし、大量に稼ぐことで金銭的な感覚が麻痺することも事実だと思います。手元に大金が入る分生活水準も上がってしまうからです。そのため、夜の仕事よりも安いお昼の仕事に戻ることは難しくなるように思います。夜の世界で稼いでも、極力贅沢をしないことが重要なのかもしれませんね

②周囲の女性の魅力に刺激を受けて美意識が上がる
夜の世界では、魅力的な女性が沢山います。そのため、これらのキャストに影響を受けて、自身の女性力も上げることができます。夜の世界は競争の面が強い分、切磋琢磨することで魅力を上げることができるのです。

これは非常に大きなメリットです。男性に対して自信がつくからです。自信がつけば、今後の生活に必ず役立つ時がくるでしょう。

③生活リズムが変わる
夜の世界で働いていると、帰宅時間がどうしても遅くなってしまいます。そのため、不規則な生活になることを想定しておいた方がいいでしょう。昼夜逆転生活では体に負担がかかるため、出来るだけ寝ることが重要です。

しかし、日中であってもお客様の同伴の誘いが来る場合もありますので、寝れないこともしばしば。睡眠不足は覚悟しておいた方がいいかもしれません。

④男性を見る目が変わる

男性を見る目にも変化があります。夜の世界は、女性に対する男性の本性が出る場所です。そのため、良い男性であるかどうかを見極める力が付くことは間違いないでしょう。

半面、男性の悪い部分に触れることで、精神的に引きずる方もいらっしゃるようです。一長一短ですが、夜の世界で働くためには後悔しない覚悟を持つことが重要でしょう。

おっぱぶとピンサロの違い

おっぱぶ、ピンサロ、と呼ばれていますが、どちらも略して呼ばれています。おっぱぶは、『おっぱいパブ』とが正式名称で、別名『セクキャバ』『セクシーキャバクラ』とも言います♪

ピンサロは、『ピンクサロン』の略です。

おっぱぶは、お酒を飲みながら、キスをしたりおっぱいを触られたり、お店によっては女性器を触らせるサービスもありますが、女性から男性に性的サービスは行われないので、種類的にはキャバクラなどの飲み屋さんと同じ種類になります♪
一方ピンサロは、お酒を飲みながら、キスやお触りはもちろん、フェラチオなど女性から男性に性的サービスを行うのでヘルスやソープなどと同じ風俗の種類になります♪

おっぱぶは飲み屋業界、ピンサロは風俗業界になるんですね!同じお酒を飲む仕事で少しエッチなサービスがあるのでどちらも風俗業界なのか?という疑問もありましたが、おっぱぶの方が女の子側からのサービスが無い分、ソフトサービスですね♪

トランザクションアナライシス

皆さんはこの世で一番恐いものって何ですか?
私は人間ですw

人間程恐ろしいものはないと思ってます。
でも、大好きな人間沢山いますけどね♪
むしろ、そっちの方が全然多いんですが気をつけないと本当に恐ろしい人もいますからね。

ですから、皆さんもお仕事するにあたっても、人間関係が良い方がいいじゃないですか?

大抵仕事をやめる原因って人間関係が多いと思います。
ですから、パイの巣では女の子たちが働きやすい環境作り
人間関係に気をつけてます。

何か困ったことがあったら、全力でサポートさせて頂きます!!
一緒に乗り越えて行きましょう!!
仕事で行き詰ってしまった時は旅行にでも行って、リフレッシュして来ちゃってください(*゚∀゚*)
あなたのライフバランスを考えて、出勤や時給なども考えていくので、是非一緒に働きましょう♩

一度体験してお店の雰囲気を見にきてください(*^ω^*)

不安であれば、見学だけでも大丈夫ですよ(`・∀・´)
お店を選ぶのは貴女です(*・ω・)ノ

楽しく働くのが1番!!

よく耳にしますが、

「お酒飲めないからキャバクラ系じゃ働けない、、、」

という言葉

キャバクラですとボトルやシャンパンが出ることも多いので
お付き合いしなきゃいけないシーンも多々ありますが、
セクキャバはお触りがメインなのでお酒を飲む必要が
まっったくと言っていいほどありません

キャバクラでもお酒が飲めずに売上を作っている女の子はたくさんいますが、
セクキャバに比べればお酒を飲む機会は少なくはないでしょう

「それでもシャンパンが出ちゃったらたくさん飲むしかないじゃない」

「大丈夫です。うまい具合に振ってくれたらホストのヘルプばりに僕たちが飲み切ります。飲めない女の子を守り稼がせるために胃に穴を開けながら飲んできた実績があります。」

完全ノンアルコールで100万円を売り上げている女の子多数在籍

女の子の身体を思いサポートしていくお店です

「楽しく働くのが1番!!」

“体入って何?”と不安なあなたに

体入とは体験入店の事で、本入店する前に、お店で実際に働いてみるシステムの事です。言わば、お試しのようなものですね。大抵のお店では一日のみ、数時間で終わる場合が多いでしょう。面接に晴れて合格した場合に、その日のうち、もしくは後日改めて行われます。

 体入とは、一体どんな事をするのでしょうか?よくわかりませんよね。では、大まかな流れを見ていきましょう。

体入の流れ

まず、体入には自分で用意して行かなければならない物がいくつもあります。ドレスやサンダル、ポーチ(小さめのバッグ)等は、事前に揃えておきましょう。

ドレス等の衣装は、実際に働き出してから、徐々に数を増やしていけば大丈夫です。

お店では、お客様のお酒の作り方、タバコの火の点け方といった接客の基本は、体入の前にきちんと教えてもらえます。ですので、何も心配はいりません。それに、最初から完璧に仕事ができるキャストなんていませんので、「上手くやらなければいけない!」と気負う必要もありませんよ。

そして基本的に、お店では本名で呼ばれる事がありません。事前に、素敵な源氏名を考えておくと良いでしょう。
できれば、本名は避けておいた方が安心です。お客様の中には、本名や住んでいる場所等から、キャストの個人情報を調べる方もいらっしゃるからです。自分の身を守る為にも、本名は隠し通すべきでしょう。
また、良い源氏名を考えても、お店のキャストさんで同じ源氏名の人がいる場合は使えません。ですので、いくつか候補を考えておくと良いでしょう。
ちなみに、「あや」、「あやか」、「あやな」、「あやみ」といったように、似ている源氏名は、お客様が混乱してしまいます。お客様は酔っている事が多いですので、名前が似ていると誰が誰だか分からなくなり、印象に残りにくいものです。似た源氏名のキャストさんがいて紛らわしいなと思ったら、あえて全く違う源氏名にしても良いでしょう。

そして、一通りスタッフから説明を受けた後に、実際にお客様のお席に着きます。

未経験の場合は、フリーのお客様や、指名キャストがいるお客様のお席のヘルプがほとんどです。フリーのお席の場合は、大体20分前後でチェンジし、他のお席に移ります。

最初はなかなか上手く話せないでしょうが、それで構いません。ただ、笑顔は忘れないように心掛けましょう。

そして、ここで絶対に忘れてはいけない事があります。フリーのお客様とは名刺や連絡先の交換をして大丈夫ですが、ヘルプのお席の場合は、これがご法度なのです。お客様から教えて欲しいと言われても、絶対に連絡先の交換をしてはいけません。名刺も渡せません。そのお客様が指名しているキャストさんと、後々揉める原因になってしまう為です。事前にお店のスタッフからも説明を受けるとは思いますが、ここは注意して下さい。

そして、未経験の方にはハードルが高いのですが、体入で場内指名や本指名が頂ければ、あなたの印象が良くなります。これで、時給がいくらかアップするお店もある程です。
お分かりいただけましたか?

こうしてお客様のお席での接客を何回か繰り返し、体入は終了となります。

終わったら、忘れずにお給料を受け取りましょう。体入でのお給料は、ほとんどのお店で、その日に全額を支払ってもらえます。
それから、この先に本入店をするかどうかをスタッフさんとお話して決めます。

その為にも重要なのが、情報収集です。お店のシステムの事、スタッフやキャストの雰囲気、どういったお客様が多いか、こういった事を、勤務中にチェックできると良いですね。

また、お店のキャストさんと話してみるのも良いでしょう。実際にそのお店で働いているキャストさんの意見は、とても貴重なものです。私も、優しそうな雰囲気のキャストさんにターゲットを絞って、お店の事やお客様の事を聞いていましたよ。

ここまでで、体入の基本的な流れがお分かり頂けたのではないでしょうか。

最初は緊張して、上手くできないでしょう。でも、大丈夫です!私自身もそうでしたから。

私が体入をした時は何の情報も無く、いきなりキャバクラという世界に飛び込んでしまった為、本当に大変でした。ですから、この情報が少しでもあなたのお役に立てたなら、とても嬉しく思います。

お客様の本心とは?男心を読む

この世には、男性と女性しかいません。

そんな男女には、多くの違いがありますよね。体はもちろんですが、脳の仕組みも全く違うものなのです。それ故、女性が男性の思考を全て理解するというのは、はっきり言って無理でしょう。

ですが、男心というものが少しでも理解できれば、そのキャバ嬢は今よりも売れっ子になれます。
なかなか読めない男性の心理、ご紹介していきましょう。

まず、男性は、多くの女性からモテたいと考えています。キャバクラに来られるお客様もそれは同じです。ですから、フリーのお客様には、出来るだけメールアドレスを聞いて差し上げるべきです。キャストから全然聞いてもらえないと、「俺には興味無いのか・・・。」と、男性のプライドが傷付いてしまうのです。

そして、名刺も頂けるようなら頂きましょう。特に、肩書きのあるお客様は、快く名刺交換をして下さる方が多いです。

また、お付き合いでお店に来ただけで、キャバ嬢にアドレスを教えたくない、というお客様もいらっしゃいます。ですが、本気で拒否される場合以外は、キャストは何も気にする事はありません。きちんと聞きましょう。本当に嫌がられてしまった場合は、素直に謝っておきましょう。

お客様とのやり取りについて

そして、お客様との連絡において。

営業メールを送っても、お客様からの返信が無い。これは、珍しい事ではありません。お客様によってその理由は若干違いますが、忙しくて返信をしていられない、そもそもメールが面倒、という方は多いです。キャストからのメールを読んで、そこで満足している人も多いのです。

ですから、迷惑だから無視している、という訳ではないのです。本当に迷惑だと思っていたら、「もうメールしないで欲しい。」等の連絡が来るでしょう。ですから、そういったクレームを頂いたら、その時にきちんと謝罪をして、その後の連絡を止めれば良いだけなのです。また、こういったクレームは極少数なので、気にする必要はありませんよ。

ですので、お客様からの反応が無くても、気にせずにメールを送りましょう。

中には、連絡を一切せずに、急にふらっとお店に来られるお客様もいらっしゃいます。私のお客様でも、元々メールの返信が少ない方がいらっしゃいました。「もう来ないのかな。」と思っていたのですが、何でもない日に、急にお店にいらっしゃった事がありました。そして、ずっとメールを送り続けていた事に対して、その方から感心されてしまいました。

お客様からのメールの返信がないと、大抵のキャストさんは、そこで連絡を止めてしまいます。その中で、いつまでもメールを送り続けられるキャストは、お客様の印象に強く残るようになっていくのです。

そして、連絡をする頻度も、お客様によって変えてみましょう。

①自分を指名して定期的に通って下さるお客様

②月に一度くらいのペースで来て下さるお客様

③連絡は取っているけれど、まだ指名での来店がないお客様

といった風に、自分でランク付けして仕分けるのです。それぞれのランクによって、連絡する頻度を変えます。

同じお客様と毎日のようにメールのやりとりをするのは、キャストにとって効率が良くないですし、メリットがありません。お客様がメールだけで満足してしまい、お店には来ない、という事になりがちなのです。

さらに、「この子はいつもメールしてくるけど、ヒマなのかな。」と思われてしまう危険性があります。そうなると、お店の外で会おうと誘われる事が多くなってしまいます。

ですから、 “私は忙しい、人気のキャストです!”という事をお客様に印象付ける事がポイントです。お店に来て下さらないお客様にメールや店外での時間を多く割く事は、自分が疲れてしまうだけで、売上にはほとんど繋がりません。
お客様への気遣いが売り上げに繋がる!

そしてもう一つ、月曜日の朝や、昼休みの時間帯に“気遣いメール”を送ると、喜ばれる事が多いですよ。休み明けでだるい、モチ
ベーションが上がらない、そんな時に優しさを感じられるメールが届くと、誰でも嬉しいものですよね。「○○さん、無理しないで、今日も頑張って下さいね。」といった気遣いがポイントです。

男心は、本当に難しいものですよね。私自身も、日々勉強中です。
皆さんも、お客様の男心を上手く刺激して、指名を獲得していきましょう!

困ったお客様達、暴言を浴びせる心理とは?

キャバクラには、少々面倒なお客様が来店される事があります。態度が横柄な方、ケチな方、キャバ嬢に暴言を浴びせる方、手を上げる方、不潔な方、指名替えをする方・・・。挙げればキリが無いですが、こういったお客様への対応は難しく、キャバ嬢にとってはとても厄介な存在です。

たまには傷付くことも・・・

私が現役の頃も、こういった厄介なお客様はいらっしゃいました。30~40代位のサラリーマンの団体のお客様でした。席に着くキャストに次々と暴言を浴びせ、挙句の果てに、「ワキ見せろ!」等と言って詰め寄る始末。やんわり断っても、「つまんねぇな!チェンジー!」と暴れ出す。これにはさすがにスタッフも見るに見かねて、その方々にはお帰り頂きました。

お酒が入って気が大きくなり、日頃のストレスもあったのでしょうが・・・。いくらお客様とは言え、さすがにこういった行為は困りものです。キャバクラにも遊び方、飲み方のルールがありますから。

ここまで酷くないにせよ、困ったお客様は結構多いですよね。上から目線でキャバ嬢を見下す方や、暴言を浴びせる方もいらっしゃいます。私も、「老けてるよね。顔が田舎くさい。」と言われたり、どれだけ話しかけても最後まで無視されたり・・・。つらい時は多々ありました。

しかし、そのお客様が何故そんな事をするのか、お客様の心理を考えてみると、気付く事がありました。

男性は、日々のストレスが溜まっています。会社での事、家庭での事、きっと、色々な鬱憤が溜まっています。ですから、話を聞いてくれるキャバ嬢に対して、ついワガママになってしまうのです。そう考えると、「お客様って、子供みたい。」と思えてきませんか?

日頃は我慢して他では言えない事を、キャバクラで言ってしまう。そして、キャバ嬢に嫌われる。何だか、可哀想に思えませんか?
私は、あまりに酷い場合は例外ですが、ちょっとしたワガママなら良いかな、と思えるようになりました。イヤな事を言われても、笑顔で流す事ができるようになりました。

お客様の言動を、全て真剣に受け取る必要はないのです。いちいち真に受けていたら、キャストさんの身が持ちませんからね。
ただ、お客様の意見が正しい時もあります。そういう時は、素直に聞く、勉強させて頂く、という姿勢を持つようにしましょう。
根気があると乗り越えられる壁

このように、クセの強いお客様への接客は、根気やコツが必要です。しかし、キャバクラにいらっしゃるお客様は、紳士的な方ばかりではないものです。たとえイヤなお客様であっても、上手く対応する事ができるようになれば、自分の接客に自信を持つ事ができるでしょう。常に笑顔を忘れず、そして、お客様の長所を見付ける努力をしてみましょう。どんな方にも、良い所が一つや二つ、必ずあるはずです。それが出来てこそ、プロのキャバ嬢というものです。

万が一、酷い暴言や暴力、店内で暴れる等があった場合は、お店のスタッフがきちんと対応してくれるでしょう。ですから、安心して接客して下さいね。

1
1 2 88
1 2 88

このお店のメルマガを登録する

メールアドレスを登録するだけでイベント情報や割引クーポンなど、お得な情報満載のメールマガジンをお届けします。

loader

メールアドレスを入力し、送信ボタンを押すと空メールが送られます。届いたメール内のURLを押し、「登録」ボタンを押せば登録完了です。