新人と呼ばれるのは1ヶ月だけ!?
2012年05月02日
初回はこれからキャバ嬢さんになる方に向けてお話をしていこうかな。

キャバクラの求人にはよく「お客さんの隣でお話をしながらお酒を作るだけ!」「簡単な仕事でラクラク高収入!」なんて言葉を見かけます。
キャバ嬢になるためのハードルは一見低そうに見えるし、あとは勇気を出して入店すればすぐにアナタもキャバ嬢になれます。

でも、甘い!そんな簡単にお金が貰えたら世の中苦労しないから!ってのが元キャバ嬢としての本音。まぁその理由は追々・・・

まずは体験入店してみましょ。
ここなら私もやっていけそうと思える場所を探してみるのが大事。
ここならいいかなと思ったらいざ入店!改めて面接をし、お店のシステムなどを説明されます。

ここでキャバ嬢あるあるを一つ。
面接では基本時給も決めます。え?求人では○○○○円~って書いてあったケド・・・それより低いのはなぜ?
コレ先輩の大半が皆経験します(笑)
それはズバリ、アナタの容姿、話し方、雰囲気などを踏まえた「アナタの値段」です。
お店もあなたを採用して、売れるかどうかなんて未知数であり、言わばギャンブルなんですよ。
もし納得出来ないならその場で断っても構いません。

さて、晴れてキャバ嬢になったアナタ、夜の世界にはお店によって違いはあれどもルールがあります。
色々あるので省きますが、どのお店で共通して言われるのはとにかく連絡先を聞け!名刺を渡せ!です。
連絡先を教えて貰ったら必ず営業メールをすること。
出来れば毎日。
その努力が出来ないコはお店にとってただの給料泥棒ですから。
ヘタしたらクビ。その努力が報われるのがエリアにもよりますが1ヶ月以内。
タイトルの意味はコレ。

新人の間はお店もチヤホヤしてくれるケド、1ヶ月過ぎればアナタに新人扱いはしなくなります。
その間に本指名が取れなければハッキリ言って素質がないってコト。
夜の世界に染まりきる前に辞める方がアナタの為です。


今回はこの辺で。次回は良いキャバ嬢とは?についてにしようかしら。

news ニュース search 検索 posts post タイムライン bell