良いキャバ嬢、ダメキャバ嬢
2012年05月09日
今回は、初心者、現役キャバ嬢さん共に言えることでも話していこ。

ナンバー1キャバ嬢って、イメージすると小○魔ア○ハみたいなキラキラで美人で~って思いがちだけど、実は違うコトのほうが多いんです。むしろ、見た目はいたって普通なコが多い。なんでかというと、「気遣い上手」「話し上手」「聞き上手」だから。この3つが揃っているキャバ嬢は、上位ナンバーに必ず入れます。

自分の恋愛に置き換えて考えてみて?
自分の話を聞きつつ彼もテンポよく会話してくれる男、ご飯に行って自分の飲み物がカラになりそうな時、自分より前に次何飲む?ってさりげなくメニューをくれる男・・・個人の趣味はともかく好感は持てますよね
。それは男性も同じなんです。自分の事を気遣ってくれるコは、美人じゃなくても嬉しいんです。アナタは出来てますか?

基本中の基本、お客様のお酒を作る。
グラスが空っぽになってるのに話に夢中で気付かない。接客中なのにリラックスしてソファーに寄っかかる。タバコを吸わないお客様の前で一言も聞かずにタバコを吸う・・・もうこれは目も当てられないダメキャバ嬢!売れる気ゼロですね。

周りを見渡してナンバー入りしてるキャストを見てください。
背筋はスッと伸びて、会話をしながらもテーブルは常に整ってるはずです。この話は現役時代店長に教えて貰った実話で、実践してみたら着いてもいないお客様から場内指名を頂いたこともあるんです!(見た目はいたって普通です私)

もう一つ上位キャストに言える事。
初対面のお客様には敬語を使う。
当たり前なことなんですが出来てないコ、多いんです。社会人でも学生でも、先輩には敬語は当たり前なのになぜお客様には出来ないの?って言いたくなります。お客様はタメ口でも気にならない人もいればムッとする人もいるので、無難に敬語から始めて打ち解けたら少しづつ崩した話し方でいけば問題なし!


今回はここまで。次回は夜の世界の落とし穴についてでも話そうかな。

news ニュース search 検索 posts post タイムライン bell