キャバクラでしか働いていないけど、クレジットカードは作れる?
2021年07月01日

「キャバ嬢などの水商売をしているとクレジットカードが作れない(作りにくい)」

こんな話を聞いたことありませんか?

実際に、水商売を始めたばかりの人の中にはクレジットカードの審査に落ちてしまったという方もいるかもしれません。

そこで今回の記事では、水商売がクレジットカードの審査に通りにくい理由と、どのようにしてクレジットカードを持つかといった解決策を紹介します。

キャバ嬢だけじゃクレジットカードの審査に通らない?

まずはキャバ嬢などの水商売が審査に通りにくいと言われる理由を紹介します。

”なぜ”の部分を理解しておけば自身の置かれている状況と照らし合わせて対策を打つことができるようになります。しっかりと理解しておきましょう。

水商売は景気に左右されやすい業種だから

まずクレジットカードや銀行の貸し出しなどでお金を借りる場合は、借りる本人の信用ではなくその人の勤め先の信用が重要視されます。

安定した業績を上げて安定した給料を従業員に支払うことができる企業に勤めているといったことのポイントが高く評価され、そういった場合はそんなに高収入でなくてもクレジットカードの審査に通りやすいです。

キャバ嬢さんの中には、企業勤めの人の何倍もの稼ぎがある人もいますが、水商売の市場というものはどうしても景気の波に大きく左右されてしまうという印象を持たれやすいでしょう。

景気の良い時にはお客様の羽振りもよくたくさんお金を使ってくれる業界である反面、景気の悪い時だとそもそも来店すらしてくれなくなってしまうということは往々にしてあるものです。

こうした不安定さから、クレジットカード会社として安定した支払い能力があると信用しにくいという面があります。

固定給ではないところが多いから

水商売の場合、固定給ではなく時給+歩合制というところが多いですよね?

固定給の場合は支払いの計算もしやすく無理なお金の使い方をしないため、急にお金が用意できなくなってしまうということは少ないでしょう。

しかし歩合制の場合はもらえる給料に波があり、固定給と比べるとリスクを計算するのが難しくなってしまいます。

クレジットカードの審査ではこういった収入システムだと年収が読みにくくなってしまうため、信用が得にくいという側面があります。

勤務先が変わることが多いから

クレジットカードの審査には勤続年数も含まれます。

勤続年数が長いほど「この人は真面目に働いていて安定的に収入が得られる状態にある」と判断され、審査が通りやすくなります。

しかし水商売では何年も同じ店で働くというよりは数ヶ月スパンで働くお店を変えるということも珍しくありません。

仮にそうでなかったとしても、年齢を重ねてくるとどうしても水商売で活躍するのが難しくなり、転職をするケースが多いでしょう。

こうした勤続年数の不安定さもクレジットカードの審査には不利になってきます。

収入が0という扱いになっているから

収入が手渡しで無申告の場合、収入0という扱いになっている場合があります。

お金を貸す側としては収入が全く無い人に貸すことはもちろんできないので、こういった場合は審査に通りません。

こちらの解決策は単純で、勤務先からもらった給与明細を見ながらしっかりと確定申告をしましょう。

一年間の間に複数の相手(お店)から収入がある場合は全てを合算して申告する必要がありますので、その点にも注意してください。

水商売だけでもクレカを作るコツ

先程の項目で、水商売のどういった部分がクレジットカードの審査に悪影響を与えているのかお分かりいただけたと思います。

それではどのようにしてクレジットカードを作ればいいのでしょうか?

まずは”独自審査のクレジットカードで信用を作る”というのがおすすめです。

卵が先か鶏が先かみたいな話になってしまいますが、しかしながら誰でも作りやすいクレジットカードというものは数多く存在します。

楽天カードなどは大学生でも作りやすいクレジットカードですので、まずはそういった気軽に作れるカードから利用してみるというのがおすすめです。

クレジットカードの審査には過去の支払い履歴なども参照されます。

自身の欲しいカードの審査が通らない場合、まずは他の作りやすいクレジットカードを利用してしっかりと支払いをしていくことで信用が貯まっていきます。

過去に問題なく完済してきている人であれば、この先も大丈夫だろうと判断してくれるというわけですね。

まとめ

水商売はその不安定に見える収益構造から、クレジットカードの審査には通りにくいという難点があります。

前半ではクレジットカードの審査で水商売が問題視される理由を紹介しました。

後半では、すぐにそれらを解決できない場合のおすすめのアクションとして、学生でも作ることができるような手軽なクレジットカードを利用して信用を貯めていくという方法を紹介しました。

水商売を続けながらも便利なツールとしてクレジットカードを利用したい方は、まずは現状でできることからやっていく必要があります。

この先の将来に有用なクレジットカードを作るためにも、若い時にカードを作り支払いの遅れがないように計画的に使いましょう。

news ニュース search 検索 posts post タイムライン bell