【第10回】お悩み解決!園子の恋愛保健室〜カップル編〜「彼女が気分屋」問題にアプローチ
2013年02月20日
この連載では、数々の恋愛コラムを執筆するかたわら、男女双方から恋愛の悩みを拾ってきた私・池田園子が、本サイトへ寄せられた恋愛相談へ甘辛ミックスな本音で回答します。カップル編ということで、彼女をお持ちの男性の恋の悩み、何でもお寄せ下さい!

先日、久しぶりに彼女ができたという男友達と会いました。恋愛報告をしてくるあたりが、まるでTHE・女子という感じの男子なんですけどね。そこで彼の話を聞いていてびっくり! とにかく猫みたいに気分屋な彼女なんですって。さっきまで笑っていたと思ったら、次の瞬間はいきなりヤキモチを焼いていたりとか……。だけど、そんな彼女に振り回されて嬉しい、とデレデレしながらのたまう彼に若干絶句。おいこら、のろけかよ、コノヤロー! しかし、気分屋な彼女に喜ぶ男子ばかりでもありません。世の中には気分屋という存在に、かなりお悩みの男子もいるみたい。ということで、本日のお悩みに進みましょう。

さて、第10回のお悩みは「彼女が気分屋」について。31歳男性からのご相談です。

「31歳、IT関連企業で働く男です。彼女はかなりの気分屋で、明るいとき、怒っているとき、悲しいとき……とにかくコロコロと変わることに悩んでいます。彼女が明るいときは一緒にいて楽しいのですが、マイナスオーラを出しているときは、こちらまで胃が痛くなってしまいます(笑)。彼女がイライラしているときに限って、つい気を使って話しかけてしまうので、どうしてもストレスがたまってしまうのかも知れません。しかし、気分屋な人は不安定なときに、放置しておくのがやはり正解なのでしょうか? とはいえ、彼女は寂しがり屋で、放っておくと心配です。どうすればいいかアドバイスをいただきたいです」

一時的に気まずくなってもまずは話し合ってみよう!
「胃が痛くなるほど」っていうのが、心配なところですね。それほどストレスを与えてくる彼女なワケ? と尋ねてみたいくらい。とはいえ、あなたは彼女のことが大好きなのでしょうね。また、彼女は外では気を使うタイプなのかと思います。だからこそ、あなたの前だけでは素を見せていて、ワガママになったり、妙に甘えてきたりするわけです。それを思うと、信頼されていると喜んでもいいのかも。しかし、ずっとこのままではキツいものがあります。一度話し合ってみてはどうでしょうか。ときには「●●がそのテンションだったら、僕もテンション下がっちゃうよ」と言ってみるとか。一時的に気まずくなるかも知れませんが、そこはふたりで乗り越えていくべき。常に彼女を甘えさせるべきではありません。ふたりで一緒にいるからこそ、どちらかが落ち込んでいるオーラを持ち込めば、お互いに伝染してしまう。どうせならハッピーなオーラを持ち込もうよ、と暗に伝えることが大事です。

距離を置く作戦もアリ
また、普段週に数回ペースと頻繁に会っているのであれば、会う回数を減らすのもひとつ。会いすぎていると、あなたの存在のありがたみを感じなくなることも。週1回ペースに減らしてみて、様子を見てみてはいかがでしょうか。人間、久しぶりに大好きな人に会えるとなると、その日はずっとご機嫌になります。もちろん不平不満や愚痴があったとしても、相手に大きなインパクトを与えるほど、極端に負のオーラを出したりはしません。できるだけハッピーな時間を過ごしたいと思うので、ハッピーな話をメインに展開していくはず。回数を減らすのがムリなら、時間を減らす作戦も有効です。話し合いを進めると同時に、ぜひ試してみてください。

★まとめ
彼女と「気分屋」について真剣に話し合いを! 会う頻度を減らすのも有効。

news ニュース search 検索 posts post タイムライン bell