【第3回】キャバ嬢を落とすコツ教えます♪お客様向け講座 キャバ嬢と店外で会う方法
2012年11月02日
こんにちは。タチカワガールです。読書の秋ということで、最近は1日1冊ペースで、ひたすら本を読んでいます。行き帰りの通勤時間も、帰宅後も寝る前も……(笑)。というようにおとなしく暮らしています。皆さんはいかがお過ごしですか?

連載第5回目は「キャバクラに始めて行く男性」向けに、お気に入りのキャバ嬢と店外で会う方法をレクチャーしちゃいます。嬢を本気で落としたいなら、会う頻度を増やしていくのが大事。詳しく解説していきますよ。

店外で会う方法は2つ
お店へ通ってキャバ嬢と仲良くなるのが基本パターンですが、実は「店外で会う方法」が2つあります。「同伴」と「アフター」です。聞いたことがあるという方もいるでしょう。簡単にいうと、同伴はキャバ嬢の出勤前に会って、食事などをしたあと一緒にお店へ行くこと。アフターはその逆でお店で飲んだ後、退勤するキャバ嬢とお出かけすること。それぞれのメリット、デメリット、心がけたいことなどを下にまとめてみました。

同伴は「選択肢」が多い
同伴はキャバ嬢の出勤前ということもあり、夕方〜夜の早めの時間となっています。そのため行けるお店も飲食店に限らず、デパートなどの買い物スポットを選ぶことも可能。他のお客様と差をつけたいのであれば、適度なプレゼント攻撃はかなり効きます。あらかじめキャバ嬢の好み、欲しいものなどをリサーチして一緒に買いに行くのもあり。たとえばの話ですが、元キャバ嬢としては好みでないジュエリーを渡されるよりは、お店で一緒に選んだものを渡してほしいなと思ってしまいます(全女性に共通する意見かも知れません)。同伴の際の集合時間は、出勤2時間前くらいがベスト。かるく食事ができますし、あまり慌てず移動できるベストな時間でしょう。ただ、遅くまで残業がある……なんていう男性にとっては同伴は難しいかも知れません。

アフターは時間を気にせず飲める
アフターはキャバ嬢が退勤するタイミングということもあり、夜中〜の時間となっています。同伴とは違って時間の縛りがないのが特徴です。とはいえ、キャバ嬢も働いて疲れているはずですから、1〜2時間が限度かとは思います。ただし、出勤のために慌てて移動するということはなく、ゆったりと飲めるはず。深夜なので飲みに行くか、カラオケに行くか、ダーツバーなどのアクティブ系に行くかという選択肢になりますが、「夜デート」気分で楽しめると思います。しかしアフターの約束を取り付けるのは、実はかなり難しいこと。翌日は学校や仕事というキャバ嬢も多いですし、働いた後で疲弊しているため、できれば帰宅して眠りたいというのが本音。同伴よりもかなりハードルは高いのです。そのアフターに応じてもらうためには「まめに通うこと」が最重要ポイントとなります。「いつも来てくれているから」という気持ちにさせ、アフターの誘いにOKをもらうように仕向けましょう。

誘いすぎはNG
同伴もアフターも頻繁に誘いすぎるのはやめましょう。お客様はあなただけではありません。キャバ嬢はそれぞれ何人もの(多い人は何十人も)のお客様を抱えています。ひとりの誘いばかりには応じられません。またがっつきすぎると敬遠されるのも事実。普通の恋愛で考えてみて下さい。ガツガツと誘いすぎると「ウザい」「恋愛に飢えている」なんて思われますよね。それと同じです。そのキャバ嬢が好きであればあるほど、節度を持った誘い方を考えて下さい。嫌われてしまうとそこでおしまいです。「金払ってるんだからいいだろ!」「今まで何度指名してきたんだよ!」などと言うのはもってのほか。品位を疑われてしまいますので気をつけて下さいね。あくまでも紳士的な振る舞いを続けてください。

私服姿を見られたり、店内にいるときとは違った会話を楽しめたり、もっと距離を縮められたり……というのが同伴やアフターの醍醐味です。これらをきっかけにより仲良くなっていけるのではとも思います。節度を持った対応で臨めば、2度目や3度目もあるかも知れません。

ではまた来週お会いしましょう★

news ニュース search 検索 posts post タイムライン bell